<収益物件についての知識を紹介していきます。


 収益物件の知識

 

収益物件購入のための資金調達

当然ですが収益物件購入のためには、それなりの額の資金を用意しなければなりません。全額現金で一括購入したいという場合には、その金額だけでなくその他の諸費用の分なども必要になってきます。ただし、物件購入価格の全額を最初から用意するのではなくて、ローンも使用できること場合がほとんどなので安心して下さい。さてこのローンですが、どのくらいまでの融資を受ける事が出来るのでしょうか。この目安としては、物件購入額の70%程度は融資を受けることが出来る様です。しかしこれはあくまでも目安としてなので、融資を受ける金融機関によっても違うと思います。もしローンでの収益物件購入をお考えの場合には、いろいろな所に相談に行って話だけでも聞いて見るのも良いかと思います。

融資が受けにくい物件

融資を受ける為にはその物件自体が持つ担保としての価値がとても大事なポイントです。この担保の価値が高い物件を選んで融資をしてもらうことも重要な事なので、ゆうしの受けにくい物件がどういったモノなのかを見ていきます。

区分所有や敷地が50坪以下の物件であったり一部屋が18u以下の物件など広さは重要なポイントの様です。また審査済証明書が無かったり、明らかに違法建築の物件の場合も融資は受けにくいと考えられます。そして店舗や事務所が入っている物件でその部分が建物の30%以上ある場合なども融資が受けにくくなってしまいます。

これは、あくまで融資が受けにくい物件なので絶対に融資が受けられないというわけではありません。この条件に当てはまっていても融資を受けることが可能な場合もありますので、確認してみましょう。

資金調達法

ここでは、物件購入のための資金調達法をいきます紹介して。

銀行融資

資産価値の高い土地の場合には、融資を積極的に行ってくれる銀行もあるようです。いくつかの銀行にローンの申請をしてみて良い条件の所を選んでみるのも良いでしょう。

ローン

このローンという方法ですが、フルローンとアパートローンがあるようです。

まずフルローンというのはは、購入に必要な費用の全額をローンで支払うことを言います。しかしこのフルローンは購入に際しての諸経費まで融資することは出来ないようなので、その部分は自分で何とかしなければならない様です。これに対してアパートローン」というのは、住宅以外の不動産投資用のマンションやアパート、賃貸用の店舗などの不動産に対してのローンのようです。これはこれからアパートなどを立てるという人などに向いているローンの様です。また購入したマンションに自分も住むという場合には、住宅ローン扱いでローンを組んで貰える可能性もあるのでそのときには、このアパートローンよりも多くの融資をうけることが出来るかもしれません。

ここに上げた資金の調達方法だけが全てではありません。このほかにも沢山の資金の調達方法はあると思います。インターネットなどで調べるだけでも沢山あると思いますので、是非ご自分で検索なさって見て下さい。

 

Valuable information

シワをなくす
http://www.saveliam.org/

Last update:2016/3/25